食事とコレステロールとの関係は、一般的な食事の注意点と、病態によってコレステロール値を計算していくこととがあります。
病名をあげると、血中コレステロールが高めの「高コレステロール血症」、善玉コレステロール(HDL)が少ない「低HDLコレステロール血症」、中性脂肪とコレステロールが高い「高中性脂肪血症及び高コレステロール」とは、食事の内容を変えて治療にあたります。

スポンサードリンク

コレステロールの病態別注意点

病態別の食事の総合的な注意ポイントは、ごく一般的な健康に関する5つの内容になります。

動物性脂肪を控え、バランスよく規則正しい食事、十分な食物繊維の摂取、糖分と塩分を控えること、エネルギー摂取量の調整です。

病態別の3種類の注意点を、見てみましょう。

高コレステロール血症は、コレステロールを食品から、1日300mg以下にします。
鶏卵は1日1個にし、魚類や植物油を増やして、動物性脂肪を抑え、食物繊維をたくさん摂りましょう。

低HDLコレステロール血症には、運動が効果的です。
善玉コレステロール(HDL)は、適度に運動を続けていくことで、肥満防止や解消にもなります。
禁煙をし、お酒は適量であれば、運動と同じような効果が期待できるということです。

高中性脂肪血症及び高コレステロールは、高コレステロール血症の注意点と、その他に2つのポイントがあります。
糖分の摂り過ぎに気を付けて、肥満を解消させること、2点目はアルコールを控えることです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

コレステロールを下げる食事:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://3.121b.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。